REITを購入する前に目論見書・有価証券届出書を確認

REITを購入する前に確認

REITを購入する前に目論見書や有価証券届出書を確認

リートを購入する前に資料を確認

REITといっても、さまざまな商品がありますから、何を基準に選ぶかは問題です。証券会社のすすめるREITを、何でもいいから購入するのもいいかもしれませんが、最低限、目論見書、有価証券届出書を入手して目を通すことよって、REITの内容がすべてわかります。

 

REITを購入する前には、事前に、目論見書、有価証券届出書などの資料に目を通しておくといいでしょう。

 

REITの目論見書、有価証券届出書については証券会社のサイトホームページなどから、みれますのでチェックしてみるとよいでしょう。しかし、購入する気持ちが固まったなら、紙ベースの目論見書、有価証券届出書は、最低限、入手したほうがいいでしょう。

 

REITの中身は目論見書や有価証券届出書でわかる

 

目論見書、有価証券届出書を

 

目論見書とは、証券取引法の規定に基づいたもので、有価証券の募集、売出しを行う場合に、投資家に直接交付される有価証券の発行者に関する事項等を記載した文書のことを言い、これらを読み込めばREITの中身が見えてきます

 

この目論見書には、それぞれの投資家が理解しやすいように、REITの概要や投資の手引きをはじめ、REIT投資に関するQ&Aといったものが記載されていますから、よく見るようにしてください。

 

また、証券情報、ファンドの状況へ概要、REIT投資方針、管理及び運営の仕組み、投資主の権利行使をはじめ、投資法人の概況、その他の関係法人の概況などが記載されています。

 

REITを知るうえで、目論見書と有価証券届出書は、役に立つ方法が満載です。

 

様々なREITを比較する上で、目論見書や有価証券届出書を読み解くことができると、自分に有利な資産運用をすることができ、REITに限らず、他の投資でも役立ちます。

 

目論見書と有価証券届出書との違いですが、目論見書はファンド新規発行の際の説明書で、売り出し時に作成される説明書類が有価証券届出書です。

 

REIT独特の目論見書確認事項

 

REITにおいては、手数料はもとより、特にどのような不動産を所有しているかを確認するのが、もっとも重要なのです。これらが目論見書等に書いてありますから、そこを重点的に確認しましょう。

 

REITは不動産の収益をもとに、分配金の支給がされますから、そのファンドが所有している不動産が、どのような状態で、収益状態はどうなのか確認するべきです。もし、近くなら行ってみるくらいの積極性も必要です。

 

REIT独特の目論見書確認事項

 

REITの名称や形態などをはじめ、そのファンドの実際の投資方針、手数料、分配方針、考えられるリスク、そして資産の評価方法や管理報酬など、目論見書や有価証券届出書には、運用状況が細かく記載されています。

 

目論見書や有価証券届出書には多くの事が書いてあり、はじめのうちは読むだけでも一苦労ですが、見ているだけでも慣れてきますので、REITで資産運用するのであれば、証券会社のホームページなどで一通り目をとおしてみることから始めてみるのもよいでしょう。そのときは、必ず、一つのファンドだけでなく、いくつかのファンドを見比べてみると、より理解が深まります。

 

 


お探しの情報は見つかりましたか?

お探しの情報がなかった場合、さらに検索できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ