リートの会社型・分類型・オープン・エンド型・クローズド・エンド型

REITの分類

リート(REIT)の会社型・分類型・オープン・エンド型・クローズド・エンド型

REITの分類は会社型や契約型がある

REIT(不動産投資信託)にはいくつかの種類にわけることが出来ます。
リートの会社型と契約型、そしてオープン・エンド型とクローズド・エンド型というものに分類することができます。

 

REITの会社型

 

不動産投資の会社型というものは、最初に投資法人を設立し、投資家がその投資主となるのが特徴です。リターンとなる源はその投資法人の運用収益からとなります。

 

REITの契約型

 

一方、不動産契約型というものは、信託契約により資産運用会社または投資家が、信託銀行に資金を委託し運用を行わせるもので、その運用収益の分配を受けるタイプのことをさします。

 


違いというのは、REIT会社型のほうでは、投資家が投資主として投資主総会においての議決権を行使できるところにあります。投資主として議決権を行使することにより、不動産投資ファンドの運営を監視でき、さらに自己責任が徹底されているところでしょう。

 

こういったことから商品設計の自由度が高いのはREIT会社型のほうになります。


 

REITオープンエンド型

 

不動産投資オープンエンド型は、随時解約が可能な証券を発行しているので、その発行証券をファンド自体が買い戻すことができるものをいいます。

 

REITクローズド・エンド型

 

逆にクローズド・エンド型というのは、解約が不可能な証券を発行しているので、その発行証券を不動産投資ファンド自体が買戻しを行えないものをさします。

 


オープン・エンド型の特徴は投資家はいつでも時価で買戻しを請求できる点があり、流動性、換金性に優れているといわれています。またクローズド・エンド型の特徴としては解約がないので、長期的な運用が可能になっている点があげられるでしょう。


 

このようにREITにはいくつかの種類があり、さらに賃料からの安定した配当を重視するタイプの商品から安く購入した不動産をリニューアルして売却益を得ることで、投資家に分配するタイプの商品など様々な不動産投資運用をしています。

 

いずれにせよ目論見書を熟読し、自分にあった投資運用先をみつけるようにすることを心がけましょう。

 


お探しの情報は見つかりましたか?

お探しの情報がなかった場合、さらに検索できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ