REITの特徴は高い配当金、分散投資効果、安定した利回り、インフレヘッジ性

REITの特徴と歴史

REITは配当金・分散投資効果・利回り・インフレヘッジ性が特徴

リートの特徴として高い利回りがある

REITは不動産投資信託ともいわれていますが、そもそも投資信託とは何をさすのでしょうか?

 

投資信託とは、投資家から集めたお金を投資運用のプロ、ファンドマネージャーと呼ばれる人が、投資家のかわりにいろいろな商品を対象に投資を行います。

 

たとえば株式や債券などに投資をするのですが、個人で運用するのには時間がないとか勉強が出来ないという方もいるので、そういった顧客を対象にしているものが投資信託です。

 

投資信託は、ファンドマネージャーの運用して得た利益を手数料などの必要経費を引き分配して、還元されることをいいます。

 

投資信託が人気があるのは、株式や債券、不動産の投資から収益を得る投資という観点で考えると、大きな単位のお金で投資をしたほうが、収入が安定し有利になる傾向があるともいわれています。

 

こういったことから、いろいろな投資信託が生まれており、その数は数千に及ぶともいわれています。

 

このように投資信託には投資する対象が多岐にわたっており、その投資対象により名称が、おもしろいものなど、いろいろあります。

 

株式を中心に投資する投資信託は株式投資信託といわれますし、国債など債券だけに投資する場合は公社債投資信託といわれています。

 

REITの特徴

 

REITとは、不動産を中心に投資する不動産投資信託のことを指しますが、その意味合いとして、数百万円といったお金で不動産を取得しても、1戸のワンルームマンションだけでは、そのマンションが空室になったら、まったく収入が入らなくなるというリスクもあります。

 

不動産を取得しても、さまざまな管理などの問題も考えねばなりませんが、REITに関しては投資信託の会社のほうがすべての管理をしてくれますから、その意味では手間がありません。

 

REITの誕生と人気ぶり

 

こういった不動産REITの誕生は、もともとアメリカから始まったといわれていますが、日本においてもREITの誕生は不動産業界だけではなく、金融市場関係者、そして機関投資家、個人投資家にも人気があります。

 

今後もますます熱い期待が寄せられていることもあり商品数も増加傾向にあります。

 


REITの特徴としてあげられるのが、高い配当金をはじめ分散投資効果、安定した利回り、インフレヘッジ性などでしょう。
経済が低迷し、低金利の現在においては、不動産投資のような商品は、非常に魅力あるものといってもよいでしょう。

 

不動産が持つ特性に、金融商品が持つ特性がミックスされたことによって、生まれた独特の商品ともいわれている不動産投資REITですが、まだまだこの熱はおさまりそうもありません。


お探しの情報は見つかりましたか?

お探しの情報がなかった場合、さらに検索できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ