REITを売却したいとき、捨て値で解約したいときは?

REITの売却・解約

REITも投資、売却・解約のタイミングは難しい

リートの売却・解約は証券会社で行う

REITは不動産投資信託ですから、売却の仕方も考えておく必要があります。

 

REITを売却・解約する場合、売却手数料、それに伴う税金というものも考慮しなければいけません。

 

本来、株などを売却して利益が出た場合、その譲渡益に関して税金がかかります。

 

REIT(投資信託)の場合も、1年間の売却益の合計金額に対して、所得税、住民税合わせて20%(2007年現在は特例措置により所得税、住民税合わせて10%)が課税されて、確定申告が必要となるのは、株などと同じです。

 

申告分離課税は申告手続きがわずらわしいですが、REITで譲渡損失が発生した場合には、株式などの証券譲渡所得とあわせて損益通算することができます。

 

REITは証券会社を通して取引所で売却

 

REITは株式投資と同じで、基本的にはいつでも証券会社を通して、取引所で売却することができます。

 

証券取引所には多数の人が参加していますので、売却できないという心配はほとんどいりませんが、場合によってすぐに売却することができないこともあります。

 

また、REITは売却する場合に売却手数料がかかります。この手数料は証券会社によってもバラバラなので、取引している証券会社の手数料の欄は要チェックになります。案外、手数料にバラつきがあり、最近ではネット取引をすることにより、かなり安くなっています。

 

REITを売却する際の納税の仕方

 

REITを売却する際の納税の仕方にも、証券会社が取り扱っている特定口座を利用することによって、あらかじめ税金の額を計算し、証券会社経由で納税することができます。

 

確定申告がわずらわしい人は、特定口座のサービスを利用するのがいいかもしれません。

 

申告する際の計算に必要な書類などは、証券会社がすべて用意してくれますので、確定申告など納税に関しては、比較的簡単にできるのではないかと思います。

 

難しい売却のタイミング

 

REITといっても投資信託ですから、株式投資などと同じように売却のタイミングの難しいものです。

 

REITで毎年配当を受ける目的で購入している方も多いでしょうが、積極的に売買差益を追求していきたいという場合には、自分のルールをあらかじめ決めておく必要があります。

 

REITにおいても、手数料などは証券会社の資料にも掲載されていますので、その手数料を考慮しながら、自分の売却のルールをつくり、それを実行するのも一つの方法です。この方法は株式投資などと一緒です。

 

思惑と逆行し値下がりしてしまって、そのまま待ち続けるのかというのも考えておく必要があります。
また、資金効率を追求するために売買差益を狙っていくというルールで実行するのも一つの方法です。

 

株式投資でよくある格言

 

株式投資でよくある格言が人の行く裏に道あり花の山、山高ければ谷深し、利食い千人力などがありますが、一番重要なのは自分の決めたルールを守るということでしょう。

 

頭と尻尾はくれてやるの精神でゆとりをもって売買差益を取っていくのもいいかもしれません。
なかなか難しいですが。


お探しの情報は見つかりましたか?

お探しの情報がなかった場合、さらに検索できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ