リート(REIT)も売却できないというリスクの可能性もあり

REITのリスク

REITのリスクは元本割れ・売却できないというのもある

リート元本割れのリスク

REITで、共通してあげられるのが、売れないリスクというのがあります。

 

これは、いざREITを売りたいと思っても、その価格で買ってくれるほかの投資家がいなければ、売買は成立しないのです。

 

また、株式と同じようにREITは投資信託ですから、投資口の価格は、常に変動しています。そのため、購入したとき以上の価格で売れるとは限りません。当然、値下がりのリスクもかかえています。

 

こういった売却できない、元本割れのリスクがREITにも存在していることも忘れてはいけません。

 

 

ファンドの倒産に関するリスク

 

ほかにもREITファンドの運営に関するリスクというものがあり、ファンドの負債が資産を超えて、支払い不能や債務超過の状態になると、ファンドは倒産してしまうこともあります。

 

こういったケースもありますので運用報告書などは定期的にチェックしなければなりません。

 

目論見書や運用報告書をチェック

 

REITの目論見書のリスクの項目には、細かく記載されています。

 

ただ、それ以上にリターンが追求できるということであれば、積極的にREIT資をするのも、資産運用ということでいえば有効な方法のひとつではないのでしょうか?

 

REITにおいてもリターンを求めるものですから、リターン相応のリスクが存在するのです。

 

REIT(不動産投資信託)の目論見書をみるとわかるのですが、それぞれの商品には投資方針と共にどういったリスクが存在しているのが記載されているものがあります。

 

多数のページにわたってかなり詳細に記載されているものもあるので、自分が興味がある商品に関しては、特にリスクの部分に注目しなければなりません。

 

不動産に関する税制の変更や、配当所得に関する税制が変更されることもありますので、このような情報には注意して、新聞などをみましょう。

 

REITは不動産投資よりはリスクを回避できる

 

REITは、不動産の証券化を行なっている商品なので、かなりのリスクを回避できることもあります。

 

たとえば、自ら不動産投資を行なった場合とくらべて、REIT(不動産投資信託)を購入した場合には、出資割合に応じた損失が最大損失となります。

 

つまり、REITはリスクが数値化されているので、損失リスク、金利上昇リスクといったものが排除できるのが不動産投資信託ともいえます。

 

REITに限らず投資にはリスクがつき物

 

REITにかぎらず、最近では、金融商品も多様化していることもあり、専門家でないとわからないものも増えています。あらかじめ、投資する前に証券会社などに相談するのが無難ともいえます。

 

REITでも投資した段階でリスクは理解したということになります。 後で知らなかったといっても、相手にしてくれませんので、特にリスクの部分に関してはしっかりと把握する必要があります。


お探しの情報は見つかりましたか?

お探しの情報がなかった場合、さらに検索できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ